砥部焼専門店/砥部焼の浜陶 Blog

2020/08/14 14:42

手作り・手描きがモットーです

砥部焼の代表的な文様としましては、植物のツルを描いた唐草紋、均整のとれた円と直線に安定感がある太陽紋、すらりと伸びる線が印象深いなずな紋などがあり、スピード感あふれる軽やかさが特徴的です。絵付けは、女性の手によるものが多いせいか、どれもモダンでやわらかな印象をもっています。

  

磁肌の淡い色合いがやさしいです

砥部焼といえば、白地に藍のシンプルな染付を思い出す方も多いでしょう。同じ磁器といっても、有田焼のようなとぎ澄まされた純白ではなく、ややグレーがかった白で、それが呉須の藍色とよく調和しています。この特徴的な地肌の色が、暖か味と親しみやすさを感じさせてくれています。


頑丈で実用的、生活の器です

光を透かすほど薄いのが一般的な磁器のイメージですが、砥部焼は意外にどっしりとしていて重いです。しかしこれは言い換えれば、頑丈で実用的ということで、皿や鉢などは重ねておいても割れにくいように作られています。気取らず使えシンプルで丈夫、そしてぽってりとした形がほのぼのとした愛着を感じさせてくれる、そんな生活の器です。



 参照資料:砥部町・砥部焼のしおり

  • カートを見る
  • About
  • Blog
    • shopping cart